1: 2017/07/08(土) 08:19:47.24 ID:CAP_USER9
オーストラリアのシドニーに「すべて無料」のスーパーがオープンした。

賞味期限切れ前でも処分されてしまうような食品を大手スーパーなどから譲り受けて提供する。 まだ食べられるのに廃棄される「食品ロス」問題に対する意識を高めてもらい、生活に困っている人々の支援も狙う。

無料のスーパーは、シドニー南部の「オズハーベストマーケット」。約200平方メートルの店内に果物や野菜、パンやコーンフレーク、ビスケットなどが並ぶ。 値札はなく、レジもない。客は買い物かご一つまで品物を手にできる。

開店時間は平日の午前10時から午後2時まで。毎日150人ほどが来店し、約2千点の品物の大半はなくなる。 小売業者などから譲り受けた食品を売るスーパーはデンマークにもあるが、「無料」なのは「世界初」という。 運営するのは、2004年以来…
 
大手スーパーなどが売らなくなった食品が並ぶ店内。ロニ・カーン最高経営責任者(右)は食品ロスについての意識を高めたいという=シドニー
no title

客は選んだ商品への支払いは求められず、自分の意思で寄付ができる。専用の箱(左)には「1豪ドル(約83円)の寄付で2人分の食事が届けられます」とある=シドニー
no title


配信 2017年7月8日07時59分
朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASK775T1GK77UHBI037.html

引用元: http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499469587/

【【食品ロス】対策のために作られたスーパーは値札なし すべて無料!!】の続きを読む