まいにちネタ速報

誰かに話したくなるネタ、おもしろ情報や気になる話題をあつめます

    フクロウ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2017/11/17(金) 07:24:06.78 ID:CAP_USER
    駅にフクロウ!?
    小田急線海老名駅(海老名市めぐみ町)構内にフクロウが現れたと、利用客の間やインターネット上でにわかに話題となっている。 「本物?」「どこから来たの?」と臆測を呼ぶが、実はハトよけ用の置物。 設置した小田急電鉄は「効果は検証中。見守ってもらえれば」としている。

    同駅改札内でふと天井を見上げると、鳥よけネットの間からこちらを見下ろすフクロウと目が合う。 体は茶色く、丸く大きな目をした2羽だ。 写真に収めようと、スマートフォン片手に足を止める学生やサラリーマンらの人だかりができることも。 「立ち止まると危険です」。夕刻の帰宅ラッシュ時、駅員のアナウンスが響く。

    ツイッターでは「海老名駅にはフクロウが住み着いてるらしい」 「どこから迷い込んだのかな」などと驚きの声が相次ぐ。

    小田急電鉄によると、フクロウはハトよけの置物(高さ約40センチ)。 “騒動”は先週ごろからだが、設置は今年2月。 樹脂製の市販品で、名前はない。

    同駅ではハトのふん被害が問題となっており、担当部署が対策を試行錯誤する中でたどり着いた。 眼光鋭く、角度によって目が光る。 「ハトよけの効果があるのでは」と期待し、設置した。(後略) 

    写真:ハトよけ用に設置されたフクロウの置物
    no title


    以下ソース:神奈川新聞 2017/11/17 02:00
    http://www.kanaloco.jp/article/291659

    引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/femnewsplus/1510871046/

    【小田急線駅構内にフクロウが現れたワケ・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2017/07/21(金) 12:01:25.90 ID:cZ14Y3cZ0● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典

    アオバズク(フクロウ科)が14日、沖縄県の多良間(たらま)空港ロビーのガラスに衝突し、空港職員に保護された。 けがはなく、愛くるしい表情を浮かべる珍客の登場に、職員は「かわいい」と大喜びしていた。

    しばらくして、職員に見守られながら大空に勢いよく飛び立った。

    アオバズクは頭部から背面に向けて黒褐色の羽毛に覆われている。
    夏季に中国大陸や朝鮮半島などで繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下して越冬する。 和名は青葉が芽生える季節に飛来することが由来という。(長岡秀則通信員)

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/116346
    no title

    引用元: http://hayabusa9.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500606085/

    【空港ロビーのガラスにフクロウ突っ込むwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2017/06/29(木) 14:15:35.03 ID:CAP_USER9

    owl-62703_640
    米ユタ州とアリゾナ州にまたがるコロラド川の途中にあるパウエル湖(Lake Powell)で、泳ぐフクロウが発見されました。2016年、ここを訪ねたデリック・ズック(Derrick Zuk)さんと彼の友人が、あまりにも珍しいので映像に収めました。

    泳いでいるのは、アメリカワシミミズク(great horned owl)という、白地に黒のシマ模様を持つ幼いフクロウ。翼を広げてゆっくりと泳いでいる姿は、まるでバタフライをしているよう。疲れて途中でスピードダウンし、ようやく岸にたどり着いたフクロウはズックさんたちに驚いた様子でした。

    ミシガン州立大学鳥類専門家のマシュー・ズワーニック(Matthew Zwiernik)さんによると、フクロウは泳げるかもしれないが、羽が濡れると重くなるし、鋭い爪は水かきの作用を果たすこともない。泳ぐフクロウというのは、極めて珍しいと指摘しています。

    米NPOナショナル・オドボン・ソサエティ(National Audubon Society)の鳥類専門家ジオフ・レバロン(Geoff LeBaron)さんは、アメリカワシミミズクは崖に巣を作ることが多く、幼いフクロウが巣から落ちたか、または飛ぶ練習をしている時に迷い込んだかのどちらかではないかと推測しています。

    http://www.epochtimes.jp/2017/06/27781.html

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=LQNHJTleMZg


    引用元: http://asahi.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498713335/

    【フクロウが泳いでいるwwwww 専門家「極めて珍しい!」(動画あり)  】の続きを読む

    このページのトップヘ