まいにちネタ速報

誰かに話したくなるネタ、おもしろ情報や気になる話題をあつめます

    フタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    518339

    1: 2018/06/08(金) 22:57:55.85 ID:/RYFgdP60 BE:194767121-PLT(12001)
    日清食品が販売計画を公表していたカップ焼きそばのふた裏につく小さなキャベツをたたき落とす装置「キャベバンバン」の発売を断念したことが8日、分かった。インターネットなどでは話題になっていたが、予約数が目標に届かなかった。同社は、食のさまざま問題へのアプローチを図る「プロダクトX(ペケ)」を昨年10月に開始。第1弾に続いて、第2弾となる今回も予約数未達で連続断念となった。しかし、既に第3弾の企画もスタートしているもようで、「三度目の正直」を誓う。

     同社は5月17日にカップ焼きそば「U.F.O.」向けのふた裏のキャベツ落とし機器「キャベバンバン」を発表。湯切りしたあと、ゴムの弾性を活用して、ふたの表をバンバンとたたいて、裏のキャベツを落とす。ふた裏についた微細なキャベツ81%を落とすことができるという代物だ。

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180608/bsc1806082214017-n1.htm


    関連記事

    カップ焼きそばの蓋に付いたキャベツを落とす装置 キャベバンバン 定価4980円

    引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1528466275/

    【カップ焼きそばのフタに付くキャベツを落とす、キャベバンバン、発売断念する・・・・ 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    518339

    1: 2018/05/28(月) 18:16:23.98 ID:neJMKtUY0 BE:194767121-PLT(12001)
    インスタント焼きそばを作るとき、ふたの裏に付いたキャベツを無駄にしたくない。そんな問題を解決する商品が生まれた。その名も“キャベバンバン”。この話題になっている商品を取材した。

    ふた裏についたキャベツをたたいて落とす装置“キャベバンバン”。試作品は白色だが完成品は赤になる。構想1年、製品化に半年かかった。 年間4トン以上がふたの裏についたまま捨てられるという日清食品のインスタント焼きそばのキャベツ。食品ロスをなくすことが目的だ。

    インスタント焼きそばを“キャベバンバン”にセットしてお湯を注ぐ。温めるためソースを置き“キャベバンバン”のふたをかぶせて、穴に突起をはめ込み回転してホールド。 3分待って湯切りをしてから、ゴムの弾性を利用しバンバンと2回。全体が持ち上がらないように持ち手がしっかりしたデザインにした。繰り返し行った実験の結果、81%のキャベツを食品ロスから救うことができるという。 (中略)

    価格は4980円(税込み)。クラウドファンディングで5月31日の午前10時までに1000個以上の受注があれば商品化される。

    http://www.news24.jp/articles/2018/05/28/06394391.html

    引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1527498983/

    【カップ焼きそばの蓋に付いたキャベツを落とす装置 キャベバンバン 定価4980円 !!】の続きを読む

    このページのトップヘ